Topニュース・お知らせ > ブックビヨンドが専門出版社支援サービスを開始!第1弾は豊臣秀吉専門出版社 桃山堂「秀吉伝説集成」シリーズの電子出版支援

ニュース・お知らせ

ニュース

ブックビヨンドが専門出版社支援サービスを開始!第1弾は豊臣秀吉専門出版社 桃山堂「秀吉伝説集成」シリーズの電子出版支援

2016年12月01日

豊臣秀吉の系図学 近江、鉄、渡来人をめぐって

学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、専門出版社、個人出版社によるボーンデジタル出版支援サービスを開始いたします。

その第1弾として、豊臣秀吉をテーマにした専門出版社、桃山堂が刊行する「秀吉伝説集成」シリーズ電子書籍版を2016年12月1日(金)より、販売開始します。

■購入可能なおもな電子書籍ストア

◇Kindleストアhttp://goo.gl/YH5pSO  ◇楽天Kobo電子書籍ストアhttp://goo.gl/bqWZIC

■桃山堂「秀吉伝説集成」シリーズとは

桃山堂株式会社は豊臣秀吉をめぐる謎の探究をメインテーマとして掲げる個人出版社です。このたび、電子書籍シリーズの刊行を開始することになり、シリーズ第一弾として、5作品を同時刊行します。5作のうち、3作は電子書籍の先行発売(ボーン・デジタル)作品です。 読売新聞社記者OBの蒲池明弘代表が起業した個人出版社 桃山堂が、電子書籍の特性を最大限にいかして、ニッチでマニアックなテーマで企画制作し、販売はブックビヨンドが担当。順次刊行し、2017年中にシリーズ全10作品を刊行する予定です。

■初回刊行予定タイトル

『豊臣秀吉の系図学 近江、鍛冶、渡来人をめぐって』 宝賀寿男著
『尾張中村 日の宮伝説 大坂夏の陣のあと、秀吉のふるさとは消滅した』 横地清著
『秀吉と翼の犬の伝説』 蒲池明弘、佐々木四十臣著
『古墳と秀吉 「大坂城=前方後円墳」説からの探究』 蒲池明弘著
『黒田官兵衛目薬伝説 秀吉の軍師をめぐる不思議な話 』奥沢康正、石瀧豊美、芥田博司ほか著

■商標について

記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。